みんなの人気者!バンドマスター野間康介さんについて調べてみたよ。


こんにちは😊
今日は、Aimerさんのサポートメンバーの 野間康介さん について、いろいろと調べてみたょ💡✨

A_Pedia
最近は、Aimerファンにも人気が高く、ライブの中で野間さんコールが起ることもよくあります。
  • 6歳からクラシックピアノを弾き始める
  • 10歳より曲を書き始める。
  • 高校時代にバンドを結成。ギター、ベース、ドラムにも興味を持つようになり、同時に曲のアレンジを開始。
  • 2007年agehasprings加入
  • YUKI「ワンダーライン」、元気ロケッツ「Fly!」をはじめ、ゆず、CNBLUE、でんぱ組.inc、LiSA、Aimerなど様々なアーティストへの楽曲提供およびアレンジ・プロデュースに携わる。

過去の活動その1:ガガーリン

2001年結成

2001年に火の国・熊本にて結成。野間康介(ピアノ&Vo)、橋本大介(ベース&Cho)、井戸篤志(ドラム)からなるピアノ3ピースバンド。

人類初の宇宙飛行士、ユーリ・ガガーリンに憧れ命名。

鍵盤系独自のPOPセンス、一度聞いたら忘れられない特徴的な声、どこか懐かしい風景を思い出させるメロディーが各地でじわじわ話題となる。絶滅危惧ジャンル男性ピアノ弾き語りシーンに一石を投じるガガーリン!!

出典:http://www.ongaku-heiya.com/gagarin/gagarin.html

2002年メジャーデビュー

2002年ビクターエンタテインメントよりピアノ3ピースバンド「ガガーリン」としてメジャーデビュー。同バンドではボーカル&ピアノ・作詞・作曲・アレンジを担当する。2006年ガガーリン解散後はアレンジャー、キーボーディストとしてもキャリアをスタートさせる。

ここで聞けます↓

 ///当時の紹介文///

◇野間康介(Vo&ピアノ)
1978/8/1
趣味:ボクシングマニア、ラグビー観戦、妄想
特技:スフトドリンクまたはカシス系で泥酔
好きな音楽家:KAN、槙原敬之
好きな言葉:地球は青かった
性格:人に気を使う、甘える

過去の活動その2:ミクログランデ

2006年〜2010年

もともとソロミュージシャンとしていて活動していた「田中秀典」とガガーリンのVo&Pianoだった「野間康介」からなる二人組。
ガガーリンのアルバム「銀河クラシックス」に田中が作詞家として参加したことがきっかけで出会う。
なんと、そろって身長160cm未満!!ミクログランデと言う名前は微小さを意味する「micro(ミクロ)」と、巨大さを意味する「grande(グランデ)」を組み合わせたもので、「見たところミクロ よーく覗いてみたらグランデ」そんなイメージがこの名前には込められている。「ひねくれてるけど人懐っこい」田中の書くメロディーと、「ストレートだけど何処にもない」野間の書くメロディー。真逆のような二人の個性だが、不思議と何故か同じニオイ。そして、野間の弾き出すドラマティックなピアノのフレーズに、田中のユーモラスな歌詞と声が見事なまでに融合。あんまり感動的だったんで、2006年2月より堂々結成!!

アーティスト公式サイト: http://microgrande.com/

現在~

リサさん、関ジャニ∞ほか、いろんな人の楽曲提供やサウンドプロデュースされているようですね。
Aimerさんの他のアーティストのライブにもたくさん出演されています!

ツイッター

まとめ

A_Pedia
個人的に、野間さんとAimerさんの2人だけの六等星の夜がとても大好きなのです。。これからも、野間さん活躍を応援していきたいと思います。✨